断捨離することで変わったお金の使い方

こんにちは、ゆるーく断捨離している竹マンです。

断捨離に励むことでモノをもつことへの価値観が変わりました。

場所をとるものは買うのをやめようとか、使用頻度の少ないものは持つのをやめようということで以前よりモノを買わなくなりました。

その分出費が減ってお金が貯まるということであれば御の字だったのですが実際は違うところにお金をかけるようになりました。

後で紹介しますがそれは「時間」だったり「快適さ」だったり無形のモノにお金をかけています。そうなった理由は無理をしたくない、面倒なことをしたくなくなったからです。

現在は社会人なりたてのころと比べて収入があがっておりケチケチしなくなりました。つまり今までは贅沢だと思っていたことも今は平気で行っています。

以下にお金をかけるようになったことを書いていきます。

外食することにお金をかける

友人との外食や会社の飲み会などにお金を使うことが増えました。

一人でご飯を食べると食費もかからず好きなご飯を好きなだけ食べられますが、誰かと一緒に談笑しながらする食事はとっても楽しい時間です。

会社のメンバーとの飲み会も以前より増えました。よく会社の人との飲み会は無駄だという人がいます。たしかにつまらない飲み会もありますが仲の良いメンバーとの飲み会であれば自分は喜んで参加します。

お酒の席でしか味わえない楽しさがあるということも気づいたからです。

普段はまじめな人でも、お酒が入ると面白くなったりぶっちゃけトークができるってのは飲み会の大きな醍醐味でしょう。お酒の力ってすごいなぁ~

外食や飲み会など楽しい時間にお金を使うことが以前よりも増えました。おかげでアフターファイブは充実してますw

喫茶店に行くことにお金をかける

喫茶店でゆっくりとコーヒーを飲みながらスマホを見たり読書したりする時間、贅沢な時間ですよね。

喫茶店の優雅な空間だと集中もできて勉強や仕事もはかどるし、ただコーヒーを飲むだけ場所ではないということが改めてわかりました。

仕事の途中でサボるため時間調整のために喫茶店はよく使います。

ちょっと一息入れたい、または集中したいときに時間と空間を買う、そんなお金の使い方ができるようになりました。

交通系ICカードでオートチャージの設定にする

今まではSuicaの残金がなくなったらその都度チャージをしていましたが、面倒なため残金が一定の金額を下回ったら自動的にチャージされるオートチャージにしています。

Suicaがオートチャージになると必ず残金があるためSuicaで自販機から飲み物を購入するなど消費の機会が増えましたがそれでも便利なためオートチャージで使い続けるでしょう。

改札で止められることもないしコンビニや自販機での買い物もスムーズにできてかなり快適です。

まとめ

モノ消費からコト消費へと流れが移り変わってますが自分もモノを持たないようにすることで自然とコト消費をする機会が多くなりました。

モノを所有することから解放されて「快適さ」や「楽しさ」などを追及することにお金を使っています。

前から思っていたことですが、お金持ちの人ほどコト消費を重視していませんか?

お金持ちほど会計のときにApple Pay やおサイフケータイを使っているし移動がタクシーだったり無形のモノでも惜しみなくお金を使っています。

モノを貯めこむのではなく生きたお金の使い方ができるようにこれからも”無形のコト”にお金を使っていこうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする