増税前に買うべきものとは

2019年の10月から消費税が増税し軽減税率が適用される一部商品(飲食料品)以外は10%の消費税が課せられます。

現状の8%から2%の増ですが大きな買い物をするなら今のうちです。

特に割引がないブランドものや交通に関する券などは増税前に買っておくのが良いでしょう。今回は増税前に買っておくべきものをあげてみました。

ブランド物

最近は腕時計が欲しくて毎日ネットで調べています。一生ものの腕時計が1つ欲しいため価格もそれなりになってきます。増税前に買っておきたいものNo1です。ブランドものは単価も高く2%増えるだけで金額にも差がでてきます。また割引されることもないためブランドものを買うなら増税前に買ってしまいましょう。

定期券・旅行券

電車の定期券や旅行券、いずれも高額になりがちで割引がないため出張など予定があるなら増税前に買ってしまいましょう。

保険のきかない自由診療

保険のきかない自由診療も10月移行は増税が適用されます。体に関することなので無計画に急ぐのは良くないですが、あらかじめ予定があるのであれば増税前に済ませておくのが良いですね。

化粧品

定価で販売し割引をすることのないブランドなどは早めに買っておきましょう。未開封であれば長期間ストックすることもできるためまとめて買っておくのがおすすめです。

まとめ

いかがでしょうか。増税前に買うべきものをあげてみました。注意点としては割引がないものを買っておくべきということです。

また増税するにあたりキャッシュレス限定でポイント還元が実施される予定です。キャッシュレス決済をすることで5%のポイントが付与されますが対象が中小店舗のみとのことです。

ちなみに中小店舗の条件、小売り業とサービス業は以下となります。

小売業 資本金:5,000万円以下 従業員数:50人以下
サービス業 資本金:5,000万円以下、従業員数:100人以下

中小の小売店やサービス業を利用して得られるものであれば増税後に買った方がポイント還元を考慮すると得する可能性があります。

また家電なども高額な買い物になりますが家電量販店が増税後のセール等を行う可能性もあり一概に増税前に買うのが正解とも限りません。

割引のない高額な買い物をするのであれば増税前に済ませておきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする