聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥 上司にわからないことを聞くときは?

わからないことや知らないことを相手の人に質問できますか?

「そんなことも知らないのか?」「常識がないんだなぁ」

そんな一言を投げかけられることもあるかもしれませんが仕事でわからないことがあれば人に聞かなければなりません。

知らないまま仕事を進めてしまい、事件に発展したら大変です。知っているに越したことはありません。

聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥という言葉がありますが全く持ってその通りです。世間知らずな自分は質問して恥を書くことが多いです。

でも恥をかいてでも質問しなければ、知識を得なければならないんだなと改めて思います。

今日はわからないことを相手に聞くときの方法について書いていきたいと思います。

まずは自分で考えたり、調べること

相手にわからないことを聞く前に聞く内容を整理しましょう。

何がわからなくて困っているのかを簡単にまとめてスムーズに質問ができるよう準備をします。

またグーグルで調べてわかりそうであれば検索してみましょう。質問しなくても答えが見つかるかもしれません。一般常識やパソコンの操作方法など検索して答えが見つかることが多いです。

なるべく自分で答えを探すようにし、それでもわからなければ質問するというスタンスでいきましょう。

忙しくないときに聞く

仕事を急いでこなさなければならないときに質問されたら誰だってイライラします。聞きたいことがあればなるべく相手の時間に余裕のあるときにしましょう。

自分に教えてくれること=その人の時間を割いている

ということを忘れないようにし、教えてもらったら必ずお礼の言葉を伝えるようにしましょう。

ただし緊急の場合は相手が忙しくても質問しなければいけません。そのときは怒られることを恐れずにちゃんと

怒られることを恐れない

質問すると相手に嫌がられたり、イライラされたりするかもしれません。

でもそこでひるんではいけません。下手に出て「お忙しい中大変申し訳ないんですが」といったクッション言葉を使って自分の知りたい情報を聞き出すようにしましょう。

自分も仕事をしはじめの頃は相手の顔色ばかり窺っていて聞きたいことをなかなか聞けずにいました。

そのせいで後々の仕事に影響が出たり大きなミスにつながり、結局怒られるという経験を何度もしました。

どうせ怒られるなら問題になる前に聞こうという気持ちになり、わからないままにしておくことをやめて質問をしっかりとするようになりました。

まとめ

わからないことを聞くことって恥ずかしいことではありません。誰でも仕事をしたての頃はわからないことだらけです。

自分が新卒で入社し始めて上司になった人は自分から教えてくれるどころか、こちらから聞いても

「自分で調べて仕事しろ」

といってなかなか教えてくれませんでした。後でわかったことですが、見て学んでほしいからということからなんでもすぐに答えを出さないようにしていたとのことでした。

確かに「自分で調べろ」と言われたときって自分でろくに調べもせず質問して答えだけもらおうとしていたときに限って言われていました。

自分なりに調べたけどそれでも心配だから教えてほしいといったときには上司は丁寧に教えてくれました。

この経験から人から教えてもらえるって非常にありがたいことだという気持ちを持つようになりました。

教えてもらって当たり前ではないからこそこちらから聞かなければならないし、嫌な態度を取られても仕事である以上わからないことは、なくしていかなければなりません。

ただし相手のことを考えてなるべく負担にならないように質問をしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする