最近のマジック・ザ・ギャザリングはオンラインで緑白カンパニー

こんばんは、竹マンです。

ここ最近マジック・ザ・ギャザリングに時間を割いています。というのもオンラインでデッキを作ったためそれを回して遊んでいます。

紙で持っているデッキとほぼほぼ同じものをオンラインで買い集めたため二重にお金がかかっているんですけどね^^;

オンラインでは安いデッキを作って遊べば良いかもしれませんが、自分の持ってるデッキをもっと上手く使いこなせるようになりたいと思い、練習がいつでも出来るオンラインでカードを集めました。

以下にリストを挙げていきます。

●デッキ名 土地カンパニー

土地×23枚

《森》×5
《平地》×1
《ボジューカの沼》×1
《廃墟の地》×1
《幽霊街》×2
《ガヴォニーの居住区》×1
《地盤の際》×1
《地平線の梢》×1
《吹きさらしの荒野》×4
《霧深い雨林》×4
《寺院の庭》×2

クリーチャー×28

《極楽鳥》×4
《貴族の教主》×4
《漁る軟泥》×2
《復活の声》×3
《秋の騎士》×2
《迷える探求者、梓》×1
《ラムナプの採掘者》×2
《不屈の追跡者》×2
《クルフィックスの狩猟者》×4
《聖遺の騎士》×4

呪文×9
《集合した中隊》×4
《流刑の道》×1
《ドロモカの命令》×1

サイドボード

《石のような静寂》×1
《神聖な強力》×2
《エイヴンの思考検閲者》×2
《窒息》×1
《永遠の証人》×1
《秋の騎士》×1
《生命の力、ニッサ》×1
《弁論の幻霊》×1
《仕組まれた爆薬》×1
《崇拝》×1
《残骸の漂着》×1
《減衰球》×2

梓が入った緑白のカンパニーデッキです。

ラムナプの採掘者と梓、幽霊街が並べば相手の土地をガシガシ破壊できます。幽霊街が地平線の梢になればバンバンドローできます!!!

でもなかなかそんな展開ないのよね(;_;)

このデッキは3マナ域のカードに強いカードが集まっています。

ただし、3マナのカードのうち半数が土地をプレイする権利がある上でプレイした方が強いカードです。

(例:不屈の追跡者・ラムナプの採掘者・クルフィックスの狩猟者)

特に不屈の追跡者はキャストして場に出せれば優先権が自分になるためそのまま土地を出せて手がかりトークンを妨害されずに置けます。

ただし土地をプレイする権利を持ちながら召喚するとデッキの動きが遅くなってしまいます。
ただでさえ3マナ域のカードが多いため余計に動きがもっさりします。

でも聖遺の騎士と不屈の追跡者が並んだときはかなーり強いですね♪

 

聖遺からフェッチランドをサーチして手がかりが出てくる。

フェッチを起動してまた手がかりが出てくる。

聖遺のサイズが大きくなる。手がかりをサクって不屈の追跡者も大きくなる。おまけに手札もじゃかじゃか増える。

もう最高のコンビですね^^

サイドにエイヴンの思考検閲者が2枚ありますが、メインに入れたいんですよね~、ただ抜かせるカードが自分にはないように思えます。

笑い飯の漫才ネタ、鳥人そのものですねw

オンラインで練習し上達したら紙で大会に出るのが目標です。負ける試合の方が今は多いですが練習しまくって上達し、大会の商品を目標にがんばります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする