気になる高級時計ブランド

こんにちは、竹マンです。

最近しょっちゅうネットで腕時計を見ています。

年齢が30歳になるためブランド力のある時計を1つくらいは持っていたいという思いから高級時計をいろいろ見ています。

価格としてはボーナスを使えば買えるくらいの時計が良いなぁと思っています。

(安く買える並行輸入品の価格で見てますが20万~50万くらい)

今日はその中でも自分の気になっているブランドをいくつかピックアップし、素人ではありますが紹介したいと思います。

ロレックス

スイスの腕時計メーカーで1905年に創業。現在の時計メーカーのトップと言っても差し支えないほどの人気を持ちます。そんなロレックスをトップメーカーにした3大発明として有名なものに以下があります。

オイスターケース
その名の通り牡蠣のような堅牢性と気密性を保持した完全防水のケース。内部への水やほこりの侵入を防いでいます。

パーペチュアル

パーペチュアルとは「永遠」の意味。それまで手巻きが中心だった腕時計だがゼンマイを巻かずに済む自動巻きの仕組みを発明。オイスターケースを発明し完全防水の時計を作ったが手巻きの腕時計はリューズを巻くことで時計を動かしており、リューズを閉め忘れた場合そこから水が入ってしまうことがありました。

これを回避するために手巻きをしなくて済む腕時計の仕組みを作ったことがパーペチュアルのはじまりです。

デイトジャスト

デイトジャストとは文字盤に日付が見える窓を作り、その日付が午前0時頃になると日付が変わる仕組みです。それまで日付を表す機能としてポインターデイトという機能がありました。ポインターデイトは文字盤の外周にある日付のメモリを針で示すというものでしたが、瞬時に日付が切り替わることと見やすさの面でデイトジャスト機能が今日では主流となっています。

以上がロレックス3大発明でした。現在の時計の礎となる機能を発明していたメーカーなんですね。

また資産価値が高く、売却したとしても値崩れしにくい点もgood!! 欲しいけど新品となると安いモデルでも60万円程と自分にはちょっとハードルが高めです^^;

オメガ

実質時計メーカーでの二番手がオメガ。ロレックスよりも金額が少し低く、手の届きやすい価格帯となります。

NASAに採用され人類と共に月に降り立った時計であるスピードマスター、伝説のプロダイバーであるジャック・マイヨールが無呼吸潜水で100mを超える記録を達成したときに着けていた時計であるシーマスターなど伝説や逸話がかっこいいブランドです。

オメガのスピードマスターが個人的にはデザインがかっこいいため欲しい時計の候補になってます。

タグ・ホイヤー

ストップウォッチ機能ことクロノグラフの技術に長けており高精度のクロノグラフを作ることで速度を重要視するモータースポーツの世界と関わりがあり、F1のスポンサーだったこともありました。

高級腕時計ブランドの中でも比較的価格が低めなので高級腕時計初心者の方が最初に選びやすいブランドでもあります。

ブライトリング

ブライトリングの作る時計はすべてクロノメーター検定に合格した時計です。クロノメーター検定とはスイスクロノメーター検定協会が設ける精度を計る基準であり高精度でなければクロノメーター検定には通りません。

ちなみに高級時計メーカーがたくさんあるスイスの年間に作られる時計の3%程しかクロノメーター検定には通らないそうです。

ブライトリングの理念は製造している時計について「時計ではなく計器である」とのこと。さすが作る時計全てにクロノメーター検定を通しているだけのことはありますね。

ロンジン

スイスの老舗時計メーカー。今は時計メーカーというとロレックスやオメガの方が人気ですが、かつてはロンジンも時計メーカーの雄だったそうです。

アインシュタインが愛用していたり、大西洋無着陸飛行を初めて達成したチャールズ・リンドバーグの飛行を計測したこともあるなど伝説を持ってるブランドでもあります。

ロレックスやオメガなど華やかなブランドに人気がありますが、ミーハー嫌いな方には人気ブランドではなく、歴史もあり高級ブランドの中では比較的低価格でもあり高い品質を誇っているロンジンが良いかもしれません。

グランドセイコー

日本が誇るセイコーウォッチの高級ブランド。「最高の普通」「実用時計の最高峰」をブランドコンセプトとするグランドセイコーの時計はシンプルでクセのない使いやすいデザインのものが多いです。

また自社で定めているグランドセイコー規格に則って時計を作っています。これはブライトリングの項目で紹介したクロノメーター検定よりもさらに厳しい基準となります。

車でもなんでも日本が作るモノってクオリティが高いんですね!!

いかがでしょうか。ビジネスでもプライベートでもここぞというときに着けていける一生モノの時計が欲しい年齢になりました。

紹介したブランドは自分にとってどれも高嶺の花ですが今年中に高級時計を1つ買いたいと思います。そのときはまたブログにうpするのでよろしくお願いします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする