カードゲームで実際に人と相対して得られるものとは

昨日は久しぶりにカードゲーム、マジック・ザ・ギャザリングのショップの大会に出てきました。

大会といっても大規模なものでなく、参加費も無料で2人の方と対戦し1人につき先に2回勝利した方が勝ちというルールでした。

久しぶりに対人の対戦なので(普段はオンラインで遊んでいます)対戦相手に迷惑をかけまいとルールを復習し、素早くシャッフルできるよう練習をして対戦に臨んだのですが、

肝心のゲームの対戦の練習を怠ったために1勝もできず負けまくるというありさまwww

試合中、評価できる点はシャッフルの速さだけでした(;;)

でもオンラインだとパソコンの画面に向かってゲームをしているため緊張感がそこまでなく、慣れてしまっているため対人の試合は非常に緊張感のあるもので自分にとってはプラスになりました。

試合後にゲームの話ができる点も対人でゲームをする上での見逃せないメリットになると思います。

ここ最近はオンライン化しているカードゲームも出てきましたが、カードゲームというシステムからしてもオンラインと相性がとっても良いです。

具体的には

・複雑なルールやシャッフルなどの処理をデジタルで実行してくれる

・カードを管理する機能が容易(カード検索やデッキの管理など)

・対戦相手をネット上ですぐに見つけられる

そうなると紙のカードで実際に人と対戦する機会が減ってくるのではと懸念していましたが、人と対戦することでしか得られないものもあります。

先ほども述べましたが

・ゲームについての会話や意見交換ができる

オンラインと異なり

実際の人を相手とするため表情や雰囲気などゲームでの判断材料が増える

コミュニケーションツールとして

対戦相手を尊重してゲームを進めていく

以前ネット上でカードゲーム業界のどなたかがおっしゃってましたが、コミュニケーションツールとしてカードゲームはこれからも伸びていくという意見がありました。

ネットでもカードゲームをできるようになった今、まさにカードゲームを通して仲間や対戦相手とコミュニケーションを図るための手段としてこれからも伸長していくことに自分も同感です。

同じ趣味を持つ者同士、話す話題には事欠かないんですよね♪

これからも定期的に人と対戦してコミュニケーションをとりつつゲームを楽しみたいと思います。

あと、ゲームの対戦の練習を忘れないようにしないとねw

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする