田舎に帰ってから感じた危機感

GWは地元の浜松に帰省しておりました。

地元浜松では浜松祭りが開催されており、凧揚げを見たり、街中の御殿屋台を見に行ったりして楽しく過ごせました。やっぱり地元はいいね~

帰省して気分よく過ごせましたが反面ある思いが頭からぬぐえませんでした。

その思いは「現状を変えて自分の好きなように生きたい」という思い。

帰ってきて思ったのですが30歳って地方ではそんなに若くない年齢なんですよね。

東京にいると30歳でも結婚せずに好きなように暮らしている友達がたくさんいるのですが
地元だと30歳で結婚している人なんてざらにいるし、なんなら子供がいる夫婦だっています。

まだ自分は若い、まだまだ好きなことをして好きなように時間を使えると思っていましたが、地元に帰ってそんなのんきだった自分に危機感を感じずにはいられませんでした。

結婚はもうしばらく先になるとしても、毎日目的もなく毎日だらだらと生活するだけでは絶対にいけない。

いろいろな思いが錯綜し、このままではマズイという気持ちでいっぱいになってます。

社会人になって1から2年目の頃はいつかセミリタイアして好きなように暮らすと考えていましたがこのままずるずるいくとそれも難しくなりそうです。

今後毎日を漠然と生きていくのはやめよう

せめて悔いのない毎日を生きるようにするため目標を定めることにしました。

・時間を大切に使う(夜19:00には遅くとも会社から退社する)

・お金をちゃんと貯める&増やす(無駄遣いをやめて投資の勉強をする)

・知り合いを増やす(会社、プライベートを問わずコミュニケーション力を 上げて知り合いを増やす。)

時間とお金と仲間を増やすことを目標にこれから生活していくことにします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする