お菓子中毒からの脱出方法

ここ1か月くらいですがお菓子を食べる回数が少なくなりました。

それまでは1日に最低でも1回はお菓子を食べていました。
それもしょっぱいお菓子と甘いお菓子を各1個ずつセットで食べてました。

両方セットでないとスッキリしなかったですw

しょっぱいお菓子も甘いお菓子も体にあまり悪くないお菓子ならよかったんですが
実際はポテチやらドーナッツなど典型的なスナック菓子ばかり食べてました。

そのせいで顔中ニキビだらけになってしまいましたが食べる回数を減らしたら
ニキビがなくなりました。

中毒になりやすいお菓子ですが依存症から脱出する方法を今日は紹介します!

ごはんをしっかり食べる

当たり前のことですがごはんをしっかり食べないとお腹が空きます。
その空腹を手軽なお菓子でまかなうということになるとお菓子依存症まっしぐらです。

お菓子を買うはずだったお金でおかずを買ってごはんでお腹がいっぱいになるように
しましょう。

正直ごはんよりお菓子の方が自分の味覚に合っていて、わざとごはんをあまり取らずに
お菓子を食べていたこともありました。ひどいときはごはんとお菓子と半々ぐらいの
ときもありました^^;

さすがにこれはマズイと思いおかずを増やして食べることでお腹がいっぱいになしお菓子を食べる気をなくすようにしました。

お菓子を買うはずだったお金でおかずを買ってしっかりとごはんを食べ、その後に何も
食べなく良いようにお腹を満たしましょう。

いきなりでなく徐々に食べる量を減らす

いきなりお菓子を食べることをやめるとやめる自分も苦しいし、我慢できなくてやめたときに
ドカ食いに走りかねません。

いきなり食べることをやめるのではなく徐々に量を減らすようにしましょう。

1回で食べ終わっていたポテチを2回に分けたり、ファミリーサイズのお菓子ではなく
食べきれる量のお菓子にするなど少しずつでいいので量を減らしましょう。

健康的なお菓子に代えていく

お菓子の中でも体に良いお菓子があります。例を挙げると
・大豆バー
・ピーナッツやくるみなどのナッツ類
・ドライフルーツ
・あたりめ
・昆布

etc

添加物が少なくて体に良いお菓子は探せば他にもあります。
またお菓子でなくてフルーツをおやつにすることもおすすめです。

小腹が空いてどうしても何か食べたいというときはポテチやドーナッツではなく
体に優しいお菓子を食べてお腹を満たすようにしましょう。

いかがでしょうか

量を減らしつつ体に良いお菓子を食べることで健康的にお菓子を食べることができます。

本来なら間食は食べないに越したことはないのですがなかなか難しいんですよね~

お菓子中毒の方はいきなりお菓子を禁じるのではなく徐々に体に優しいお菓子に代えていき
量もすこしずつ少なくしていくやり方がおすすめです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする