アラサーになって成長したなぁと思うこと3つ!

今年でいよいよ30歳を迎える竹マンです。

アラサーになっても気持ちは23歳くらいからあまり変わってませんが
アラサーになって生じた変化があります。

主にサラリーマン生活を通して培われたものですが、未熟だった20歳くらいのときと比べたら
明らかに成長しており良い方向に向かっています。

今回はアラサーになって自分に生じた変化を書いていきます。

社会人(大人)としての常識が身についた

社会人になり大人としてのふるまいや常識が身につきました。

会社の人や取引先の人と喋る世間話のチョイス、飲み会でのふるまい、仕事全般に要求される積極的な姿勢、どれも学生の頃では学べなかったことです。

まだまだ勉強することは多いですが社会人になって大人の社会に適応してきました。
ネットでは「好きなコトをやれ」とか「嫌な仕事はすぐにやめろ」だなんて意見が多く見られます。

よっぽど会社の環境がきついのであればすぐに辞めるべきですが、耐えられるのであれば
1年でも2年でもいいからサラリーマンをした方が良いと自分は考えます。

なぜなら仕事を通して社会人としてのマナーを学べるからです。

若く起業することは素晴らしいことだし、とても羨ましいです。
しかし商談で社会人としての経験がない経営者の方とお話をする機会がありました。そのときどこか子供っぽいふるまいで不安な気持ちになりました。

自信を持っていてエネルギッシュで頼りになりそうな人でしたが、言葉遣いなど社会人としてのマナーに欠けてたため取引をするのも心配になり、結局はお会いして1度きりでその後取引することもありませんでした。

起業しても取引する相手が同じ起業家とは限りません。相手が大企業だった場合、社会人としてのマナーがより要求されると自分は思います。

新卒で22歳。そこから1年~2年サラリーマンになって会社で勉強しても23、24歳です。
そこから好きなことをしてもたくさん時間があります。

まずはサラリーマンになって社会人の常識を勉強することが大事です。
自分もずっとサラリーマンをしたいとは思わないのですが会社に勤めて勉強になったことが
たくさんあり、学べてよかったと思ってます。

メンタルが強くなった

サラリーマンになって怒られることもたくさんありました。

自分は世事に疎かったこともあり、常識を知らなかったため新卒の頃はよく怒られてましたw
でもそのおかげで常識を勉強できたし、良いことかわかりませんが怒られても平気なメンタルを手にいれましたw

こちらの提案が相手に蹴られてもタダでは引き下がらないようになりました。
学生の頃の自分だったらちょっと凄まれただけでひるんでいたでしょう。

メンタルが強くなることで怖いもの知らずになり、自信を持って物事に取り組めるようになりました。

良く見られたいという気持ちがなくなった

今年で30歳になりますが、同時に内面も大人になっていきました。

学生の頃はモテたいという気持ちや周りのみんなに認めてもらいたいという気持ちが
ありましたが、今はそんな気持ちがほとんどありません。

必要以上に自分を良く見せたいという欲求がなくなりました。
ありのままの自分で毎日生活していんですね~

結局必要以上に良く見せようとしてもどこかでボロが出るものです。等身大の自分で勝負しましょう。

いかがでしょうか。

アラサーになって生じた心の変化でした。総じて大人になったなぁという印象です。

心は大人になって嬉しいんですけど、体まで大人にはなって欲しくないんですよね~

最近はおなかの肉もついてきたし、ニキビの治りが遅くなったし(そもそもニキビじゃなくて吹き出物か(^^;) )重いものを持つとすぐ腰が痛むし……

年を取るのは心だけにしといて欲しいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする