仕事ができない自分を改善

こんにちは、竹マンです。

3月になり部署が異動となり仕事内容が大きく変わりました。

それまでは内勤でデータ分析が主な仕事でしたが、3月からは
営業となり取引先と商談する機会が増えたため慣れるために奔走しておりました。

ここ最近になりやっと慣れてきたのですが、最初は全然仕事がこなせず、失敗をしたり
簡単なことでも時間がかかってしまいました。

しかし以前と異なり自分に厳しくし、仕事をこなせるよう努力しました。
その中で大切だと思ったことに万全の状態で仕事をするということです。

自分の健康状態や身だしなみなどのコンディションをベストな状態にしておくことで
仕事のパフォーマンスも上げることができます。

以下に具体的なことを書き記しておきたいと思います。

睡眠をしっかりとる

以前の自分は夜更かしが大好きで深夜2:00頃まで起きており、翌日8:00に起床する
生活を続けていましたが、翌日の日中が眠くて仕方がないことと、集中力も持続しないため
夜更かしをやめました。

すると日中の眠気も収まり仕事に集中できるようになったことで仕事の処理能力が格段にUPしました。

また睡眠をしっかりとり早起きが楽にできるようになることで会社への出社時間も早くなり
始業時間になる前に仕事を始めるようになりました。

同じ10分でも朝9:00の10分間と夜20:00の10分間では全然違います。
なぜなら朝の10分の方が体も疲れていなく、集中力があるからです。

夜の疲れ切った10分は集中力も低下するため効率が悪くなり、間違えもしやすくなります。

睡眠をしっかりとることで集中力を養い、生活リズムも朝型になることで仕事を効率よく
こなせるようになります。

健康的な食事をとる

ほんの数か月前まではスーパーやコンビニの弁当や外食が多かったのですが、
最近はごはんを炊いてスーパーで野菜を中心とした惣菜を買って晩御飯にしています。

弁当や外食だと肉や脂っこいもの中心の食事になってしまい、体もだるくなりがちなんですが
ごはんを炊いて野菜中心の食生活にすることで体のだるさがなくなりました。

本当は自炊しておかずも作りたいのですが、最近は時間を確保するのが厳しいため
惣菜でごまかしていますが、ちゃんと意識して野菜を取るようにしています。

食生活に偏りが出ると体にも負担がかかり、それが仕事の処理能力へ影響を及ぼします。
普段の食生活にも気を配って体を万全の状態にし、仕事に取り組めるようにしましょう。

身だしなみを整える

業務内容が事務から営業になったため、身だしなみに気を付けるようになりました。

自分のサイズに適したスーツやワイシャツをそろえましたが、今まで買っていたものよりも
ワンランク上のものを今回は買いました。

今までより良いものを着ることで見た目に合わせようと内面も成長した気がします。
仕事をしている自分が以前よりも好きになり、仕事時のモチベーションが上がりましたw

ただ服装を変えるというだけのことですが、一番自分に効果があったように感じます。
今までは意識していませんでしたが、スーツをはじめとした身だしなみの投資って大事なんだと実感しました。

いかがでしょうか?

仕事ができないとつまらなくなり、モチベーションも低下して仕事以外に楽しさを見出そうと
しがちです。

でも仕事をしっかりこなすには体調管理をはじめとした自己管理が重要です。
仕事も自分の状態が良い方がパフォーマンスがよくなるからです。

基本的なことですがいつでも万全の状態で仕事ができるように努めましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする