正しいブスのほめ方

ちょうどいいブスのすすめがちょっと前に流行って問題にもなってましたが
ブスという言葉は良い意味ではありませんがかなりインパクトのあるワード
ですね。

書店にあったときに思わず目に入り買った本です。

本の題名の下に「また会いたいと思わせる35の社交辞令」と書かれてますが
人間関係を円滑に進めるためには社交辞令は必須です。

相手の特徴ごとにほめ言葉やほめるポイントが書かれていてとてもわかりやすいです。

著者のトキオナレッジは様々な職種で構成される知識集団。一人で書いているの
ではなく集団だからこそ高いレベルの客観性なんだとうなずける内容でした。

ブスに限らずほめづらい相手(チビ、ハゲ、デブ、人見知り、元ヤンなど)に対し
どうやってほめたらいいかという解説と、実際のほめ言葉(フレーズ)が載っています。

ほめづらい相手の生態や特徴について詳しく解説されていて、それに対してどう
アプローチしほめていくかというノウハウがわかります。

ほめフレーズについてどうしてそのほめ方なのか、という理由が細かく書いて
あるため裏付けを持って気持ちを込めて言えます。

ただ言葉だけ言うより気持ちを込めて言った方が効果も大きいし「なんで?」
と言われたときに理由が言えないと適当だと思われて効果が薄れてしまいますよね。

上の画像はブスのほめ方について書かれていますが分析力がめっちゃ高いです。

実用的な使い方としては周りの人を本の特性に当てはめていき、(チビなら誰々、
デブなら誰々といったように)その人に対してほめ言葉を使っていくというやり方
がおすすめです。

またイケメンや美人など逆にほめづらい、見たまんまほめるだけではあまり
効果がない相手に対してのほめ言葉も載っていて参考になります。

例えばイケメンに対して”カッコイイ”とか”イケメンだね”と言ったところで相手
の心に響きづらいでしょう。そんな人に対しても効果的なフレーズが紹介されています。

この本をほめ方のノウハウ本として見てももちろん参考なりますが、単純に
読み物としても面白く、ほめづらい相手の生態や特徴紹介は客観的な分析を面白
おかしく書いているので共感できるのみならず思わずニヤリとしてしまうでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする