仮眠のすすめ

自分は夜中に作業をすることが好きです。

もともと夜型人間のため、昼間は眠くてぼんやりしており、集中力が夜に比べると
落ちてしまいます。

最近は仕事から帰ってきたときに、夕飯を食べ、仮眠をとってから自分の好きなことを
しております。

このブログを書いている今もまさにそうで、22時から25時位まで寝てました。

仕事から帰ってくるとだいたい家に着くのが20時過ぎ頃になるのですが仕事での疲労と
夕飯を食べることによって眠くなります。

眠い状態で勉強をしようとしても集中できないため、少しでもいいので仮眠をとってから勉強をすると集中力が段違いです。

数時間でも仮眠をとったことによって頭がすっきりと冴えており、ちょうど起きる時間帯が
夜中であるため周りも静かであり、勉強でもなんでも集中して取り組めます。

自分の場合は座椅子で仮眠をとっているのですが、その理由としては布団で寝てしまうと
起きられないことと、座椅子での寝心地がいいからです。

本当なら布団で寝る方が体にも良いのでしょうが布団だと途中で起きてもそのまま
再び寝てしまうことが多いため、自分にとっては座椅子の方が仮眠に適しています。

起き上がってそのまますぐ作業に取り組めますからね^^

ただし座椅子の角度によっては腰を痛める危険性があるため、無理のない体制で
仮眠をとるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする