イケメンでなく二枚目とは?

自分の持っている本に昭和の二枚目スターの写真集があります。

なぜこのような写真集を平成生まれの自分が持っているんでしょうw

その理由として、自分のおばあちゃんが表紙に載ってる俳優の上原謙(加山雄三のお父さん)

の大ファンでそこから興味を持ったのがきっかけでした。

今でいう超絶イケメンのような方だったようです。

そもそも二枚目とは何か?

二枚目とは二枚目俳優という言葉の使い方をしますが、現代で言うイケメンのような意味で、

美男子のことを言います。

でも、二枚目とイケメンとでは似ているようで違います。

時代背景もありますが、二枚目の方が、イケメンより基準が厳しい気がします。

現代ではイケメンに溢れていて、正統派のイケメンの他にも

塩イケメンとか雰囲気イケメンとか、個々人の好みに合わせて様々なイケメンが存在します。

ところがこの二枚目には現代の多様性に合わせた判定のゆるさがなく、

一定の基準よりかっこいいと認められて、多くの人からかっこいいと認められて

二枚目と呼ばれていたのでしょう。そのかっこよさに関してチャラさがなく、

さわやかで洗練されています。

現に写真集の方々は昔の方が多いためか、オールバック率が高めなのですがw

みんなかっこいい!!

そこからは単に顔のつくりの良さだけでなく、にじみ出る色気やカッコよさが

写真からでも見てとれます。

きっと仕草や言動なんかも洗練されていたんだろうなぁと写真からうかがえます。

単にメイクをしているとか、もとの顔が整ってるからというわけでなく、

生きざまが顔に表れているんだと思います。

やりたいことリストに二枚目を目指すと書きましたが、このにじみ出る色気やカッコよさを

自分に取り入れていきたい!

ただそれは単にモテる顔になりたいだとかそんな次元の話ではなく、

永遠の二枚目という言葉があるように、かっこいい生きざまや雰囲気がにじみ出る

いつまでもダンディな二枚目を目指すということです。

その第一歩として、

とりあえず、会社の昼休みに鼻くそほじるのやめるかな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする